2013年07月10日

「笹乃雪」〜台東区根岸

せっかく根岸に来たのだから、と、久しぶりに
お昼は、豆富料理の「笹乃雪」 を頂きました。 

 赤穂浪士の討ち入り後、
大石内蔵助以下17人が預けられた細川様のお屋敷に、
この「笹乃雪のお豆富」が届けられた、と言われています。


 又、正岡子規もこの「笹乃雪のお豆腐」が好きで、
俳句をうたっています。 

以下、笹乃雪のHPより。

 蕣に朝商ひす笹の雪   明治三十年 正岡子規

(あさがおに あさあきなひす ささのゆき)

 水無月や根岸涼しき笹の雪  明治二十六年 正岡子規

(みなづきや ねぎしすずしき ささのゆき)


 JR鶯谷駅から、歩いて5分位です。





  暖簾がかかり、手前には、赤い布で覆った椅子。
手前の石碑には、正岡子規の句が彫ってありました。





 中は、土間?の様になっていて、
とっても広く、奥は、下駄箱になっています。
こちらは、とても広いので冠婚葬祭で使われる様です。

写真で、下駄箱の手前に見えるのは
どなたかが朝顔市で買い求められた朝顔の鉢でした。
風流ですねぇ〜 





 私達は、お座敷でした。
クーラーが程良くきき、部屋の外には、
アジサイや紅葉の鉢がありました。

いつ来ても、季節を愛でる事が出来る様な
配慮ですね。 





朝顔 朝顔御膳朝顔

まず、生盛膾(いけもりなます)
白酢和え

真ん中のお豆腐の白和えに、周りの酢のお野菜を
交ぜて頂きます。

手前の黄色いのは、南瓜の寒天寄せ。





朝顔 笹乃雪 冷奴

これが一番美味しかったです よっ
豆に味がしっかりありました。

いやぁ〜、これは最高に美味しかったです 
醬油を付けるなんて勿体無い、そのままで頂きました 





朝顔 あんかけ豆富
一人2つです。



朝顔 胡麻豆腐

個人的には、もうちょっと胡麻の味、風味が欲しかったです。




朝顔 絹揚 
可愛らしいのが2つ。




朝顔 雲水(湯葉巻き 豆乳蒸し)





朝顔 うずみ豆富 (お茶漬け)

上に乗っているのは、小さなお豆腐。
丁度良い、味付けでした。






朝顔 豆富アイスクリーム

上にかかっているのは、キウイソース。
しっかりと豆腐の味がして美味しかったです。

個人的には、ソースはいらなかったです。

しかし、味が物足りない、と言う人もいるでしょうから、
オプション(別皿)にして欲しかったです にぃ〜




豆が良いのか?
にがりが良いのか?
水が良いのか?

分かりませんが、

そのままで食べたお豆腐が一番
美味しかったです 


歴史ある場所で、
あ〜でもない、こ〜でもない、と言いながら
食べるランチは最高でした。 


お味もですが、気持ちまで
豊かになりますね。 





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by あ〜ちゃん at 17:38| Comment(0) | ├た=立川/台東区/豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。